Arranged and Composed Music

作曲・編曲作品


 室内楽や、ヴィオラアンサンブル、またレッスンの教材として制作して参りました作曲・編曲作品を一部ご紹介いたします。



"L'Inverno"

for YOU-YOU String Quartet

 

...弦楽四重奏団「悠悠」創立記念コンサートのアンコール曲として、編曲いたしました、弦楽四重奏曲です。

 原曲はヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲「四季」RV 297”冬”より第1楽章、第2楽章、 RV 269”春”より第3楽章。

 『どんなに寒く厳しく、辛い冬の時期に耐えていようとも、必ず暖かい春はやってくる。』というイメージを込めて制作し、全体は、冬の寒さー冬の暖かさー春の予感の、三部構成になっています。(こちらの曲の参考ムービーでは、第1部と第3部の演奏のみを収録しております。)

 初演...2019年12月21日、弦楽四重奏団「悠悠」創立記念コンサートにて。



”うさぎ うさぎ”

for Solo Viola

 

 2019年に開催いたしました、ヴィオラリサイタルにて演奏いたしました曲です。

 童謡の「うさぎ うさぎ」をベースにし、和楽器風のカデンツァを盛り込み、古典邦楽で用いられる五音音階(陰旋法)を使用して制作いたしました。

 重音奏法を多用して、ヴィオラ独奏でも綺麗に和声が奏でられるように編曲しております。

 初演…2019年11月23日

ヴィオラリサイタルにて。



 

”ロンドンデリーの歌”

for 2 Violas

 

 大久保ヴィオラ教室のレッスンでは、生徒さんとの二重奏の練習の時間を大切にしております。この編曲は、ヴィオラの初心者の生徒さんのために、楽器の”開放弦”だけで楽曲が演奏できるように編曲しております。

 主旋律はアイルランド民謡の「ロンドンデリーの歌」(「ダニー・ボーイ」という名でも親しまれています。)を使用し、生徒さんのパートである第2ヴィオラはC・G・D・A線の4弦の開放弦だけで演奏します。

 制作…2019年6月



”Romance” for 4 Violas

(4つのヴィオラのための「ロマンス」)

 

 わたくし大久保が主催・運営を務めております、ヴィオラ重奏楽団”Aurora Viola Ensemble(ヴィオラアンサンブル・アウローラ)”の公開練習会にて演奏いたしましたオリジナルの作曲作品です。

 もともと2018年に作曲しておりました二重奏曲を、ヴィオラ四重奏のために編曲した作品です。

 全体は前奏、コーダつきの3部構成になっており、第1部、第2部で提示される主題が、第3部で昇華され、曲のクライマックスを形成します。

 ヴィオラ四重奏では同じ楽器により4つのパートに分かれますが、第1ヴィオラをソプラノ、第4ヴィオラをバスとし、四部合唱と同様なパート分けをして作曲・編曲をしています。

 初演…2019年1月19日

ヴィオラアンサンブル・アウローラ公開練習会にて。



このページに掲載しております楽譜、映像、音源はすべて著作権により保護されています。

無断でのダウンロード、印刷、第三者への配布等は、かたくお断りいたします。

2018, 2019, 2020 © Yuya  Okubo All Rights Reserved.



このホームページをシェアする


Contact to me

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です